ピラティス教室を開業する際に、自宅ではじめることをオススメする理由

僕がこのイエデスタ事業をはじめた理由は、

WIN×WINのビジネスモデルだから

インストラクターさんだけじゃなく、教室に通うお客さんも幸せになれると思ったからなんです。

その理由は、、、、

スタジオの賃料がかからない分、お客さんが通いやすい価格で立ち上げられる。

ありがちなのが、まずは場所を押さえてスタジオをオープンするパターン。

賃料がかかる分、事業の継続に必要な売り上げが高くなるだけでも大変なのに、客単価で回収しようと無理のある価格設定(お値段高め)にしてしまい集客に失敗しやすくなります。

これを成功に導くには事前準備、綿密な事業計画が必要となるため、経営の経験のないインストラクターさんがはじめるにはハードルの高い選択と言えます。

一方、自宅で開業を選択すると、固定費が下がり事業の存続にかかわる赤字になるリスクが少ないです。

それによって精神的に追い詰められることがなくなり、アイデアやチャレンジが生まれやすい環境で事業を育てていくことが可能となります。

思い切って地域最安値スタートではじめることもできるので、はじめの集客がとても楽になります。

ですが「とにかく安売りをしろ!」と言うのではありません。

お客さんが増えてきて、自信がある程度ついたら、差別化しながら、値上げも視野にいれていきましょう。

集客にかけるコストを下げて、費用対効果を最大限に伸ばすこと

ピラティス教室を開業して繁盛させるのに必要な要素は以下の3つです。

1. 集客(新規)
2. インストラクターの技量・信頼感(リピート率)
3. 場所(清潔感・オシャレさ・プライベート感)

僕は、1ができるかできないかが繁盛店になるかの大きなポイントだと考えています。 というのも、インストラクターの技量をあげるためには経験が必要ですが、お客さんに来てもらわなければその経験値すら積めないからです。

集客が大事とはわかっていても、開業してすぐの方が販促にお金をかけるのは難しいです。

予算を抑えようと自分でHPやチラシを作ってみても、なかなか売上につながらないという負のループに入る方が多いようです。

そこで、妻のピラティス教室運営で使用している集客ツールや運営ツールをみなさんで共有できれば、0から作るよりもコストを抑えつつ、成果の上がるホームページやパンフレット、運営システムの構築ができると思いこの事業をスタートしました。

好循環をみんなで作れたら、もっと楽しく仕事ができるのでは?

僕の立ち位置はホームページやパンフレット制作して終わりでなく、サービス内容や価格設定など運営の部分までおせっかいに一緒に悩んで、考えて、上手く行ったら一緒にハイタッチできるようなお付き合いをしています。

さらに、そこで成功した失敗した経験をみんなで共有することで、全体としての成功確率はあがりますし、集客や運営ツールのさらなるグレードアップが見込めます。

場所コスト、集客コストの2つを抑えられることで、大手にできないお値段以上を実現できる

一般的なピラティス教室は場所や集客にかなりのコストをかけています。 大手が出店しているところだと平均家賃は月に2,30万円。

50~100平米くらいで一度に10名〜15名の生徒さんが入れるようになっていて、集客するために主要駅の近くに出店していることが多い。

集客は店舗によりますが、PPC、リスティング広告やホットペッパービューティー、などで月10〜50万円ほどかけているお店が多いように見受けられます。

つまり、多額の費用をかけて大量に人を集めることで成り立つビジネスモデルなので、メディア戦略で常にライバルとの激戦を強いられるわけです。

それに比べてイエデスタの自宅開業ビジネスモデルは、お客さんとしてもコスパがよく、インストラクターさんも実入りがよいため、無理なくコンパクトに続ける事業に向いています。

>開業相談会はじめました

開業相談会はじめました

家族や友人に相談しても、否定的な意見ばかりで、なかなか思い切りがつかない。そんな方が多いのではないでしょうか?
ぼく個人の見解では、自分で開業して上手くいくかどうかは、技術や経験の長さではなく、小さく試して、改善して、失敗したらまた改善してというサイクルを繰り返せるかどうかだけです。
誰かに話を聞いてもらうということは、自分がどうしたいのかを自分自身で整理できるというメリットがあります。
以外と自分が何を考えているのか、どうしたいのか?ってわからないもの。 まずはあなたの話を聞かせてください!!

CTR IMG